アメリカ運動部留学

アメリカの大学で文武両道に挑戦しよう!

更新日:

大学で「体育会(運動部)に所属したい!」「スポーツを続けたい」という方の中には、

「スポーツは続けたいけど、将来のことを考えてしっかり大学で勉強もしたい」

という方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、アメリカの大学へ留学し、体育会(運動部)でプレーを続けるという道です。

学生アスリート留学の相談&申込

アメリカの大学は文武両道?

学業面

アメリカの大学では運動部に所属する学生のことを「Student Athlete(学生アスリート)」と呼びます。この時、StudentがAthleteより先に来ることが大切で、「アスリートである前に学生である」ということになります。

実は、アメリカの大学の各体育協会では、各競技でプレーするための学業面での基準が定められています。一番有名なNCAAの場合、

  • 卒業に向けて2年次までに40%、3年次までに60%、4年次までに80%の単位を取り終えている必要がある(NCAAディビジョン1)
  • 大学の卒業基準のGPA以上を維持する必要がある(NCAAディビジョン1)
  • 毎年24単位以上取得する必要がある(NCAAディビジョン2)
  • GPA2.0以上が最低条件(NCAAディビジョン2)

簡単にまとめるだけでも以上の基準をクリアしていないと運動部に所属することができません。

アメリカの大学の運動部に所属するということは学業面でもしっかりしていないといけないということです。

競技面

スポーツ大国アメリカの大学でプレーする!というのは、どの競技においても非常に魅力的な選択肢です。

アメリカにはいくつかの体育協会があります。一番有名なNCAAを筆頭に、もう一つの4年制大学の体育協会であるNAIA。2年制大学の体育協会であるNJCAAやCCCAA、NWACなどが挙げられます。

弊社では、まずはプレーしやすい2年制大学から留学をスタートさせて、そこからNCAAやNAIAといった4年制大学へ編入する方法をご提案しております。

2年制大学から留学するメリットについては以下のページをご覧ください。

英語力+スポーツ+卒業で将来を切り開く

アメリカの大学で4年間プレーできれば、英語力も十分に身につくでしょう。

またアメリカの大学は英語を学ぶ場所ではありません。卒業するためには専攻(Major)を決める必要があります。

そして4年間アメリカの大学でプレーしたという国際経験はかけがえのないものです。

ただ部活をするだけではなく、アメリカの大学で経験、学んだことは必ず皆さんの将来を切り開いてくれるはずです。

アメリカ大学アスリート留学のステップ

各競技の対象校をこちら(競技別・TEAM Sugi紹介校一覧)をご覧ください。

まずは弊社相談フォームよりお問い合わせください。留学相談で希望校をピックアップ!入学の6ヵ月前(遅くても渡米する年の3月)までには弊社までお問い合わせください。

希望校が決まったらお申し込みいただき入部交渉!

入部OKが出たら時期をみて(入学の6ヵ月~3ヵ月前まで)留学手続き開始!

渡米手続きがすべて完了し、入学時期になったらいよいよ渡米!学生アスリート(Student Athlete)として学業も同時に頑張ります。

無事ロースター入りを果たせたらいよいよシーズンインです。

この先は部活に学業に目標へ向かって頑張っていきましょう!

お問い合わせ

アメリカ大学アスリート留学に興味のある方は、まずは相談フォームよりお問い合わせください。

学生アスリート留学へのFirst Step

-アメリカ運動部留学

Copyright© アメリカ大学アスリート留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.