アメリカ大学・男子バスケットボール部留学

アメリカの大学で男子バスケットボール留学しよう!

世界トップのプロリーグNBAにNCAAのトーナメントと世界のバスケットボールをリードする国!バスケットボールの本場、アメリカの大学でバスケットボールに挑戦してみませんか?

アメリカ大学・男子バスケットボール留学の魅力

アメリカの大学でバスケットボールをする魅力は言わずもがな。まさに本場アメリカでバスケットボールをできるというのが最大の魅力です。

アメリカの大学バスケットボールはハイレベル&部員に限りがあるため、かなりレベルの高い方でないと入部が難しい点がありますが、もし入部できた際には、

  • 本場アメリカの学生達とプレーできる
  • アメリカのコーチから指導を受けられる
  • 約15-35試合の公式戦
  • バスケットボールを続けながらアメリカの大学で学位を取得(卒業)

などの魅力があります。

アメリカ大学バスケットボールのレベルは本当に高いため、かなり自信がある選手でないと入部が難しい可能性がありますが、挑戦できた際には得るものはたくさんあることでしょう。

シーズン(年間スケジュール・2学期制の場合)

秋学期(新学期)

8月~10月

新学期開始&新チーム始動

公式練習が開始する(Midnight Madness)

11月~12月

ノンカンファレンスの公式戦

春学期

12月~2月

カンファレンスの公式戦

3月

プレーオフ

その他の期間

プレーオフが終わると次のシーズンが始まるまで部活動はありません。

競技レベル

チーム(学校)数も比較的多く、4年制大学(NCAA D1,D2,D3・NAIA D1,D2、その他)と2年制大学(NJCAA D1, D2, D3・CCCAA・NWAC、その他)と様々なカテゴリーのチームがあります。競技レベルはトップクラスのチームはかなりプロレベルに近く、下のカテゴリーでもかなりの競技レベルがあります。

男子バスケットボールの場合、部員数もかなり少なく、競技レベルが高いことも相まって入部へのハードルは他の競技と比べてもかなり高いです。

それでももし挑戦したいという方は、ある程度の競技レベルは必要ですが、まずはコミュニティカレッジから挑戦してみてはいかがでしょうか?

学生アスリートとしての様々な道

学生アスリートとして活躍

アメリカではコミュニティカレッジ(2年制大学)の運動部も盛んに活動しており、4年制大学からスカウトされることも珍しくありません。中には4年制大学のトップクラスのチームからのスカウトもあります。

4年制大学はコミュニティカレッジに比べ学費が高いですが、バスケットボールで奨学金をもらえれば負担も軽減できます。

文武両道

4年制大学からのスカウトがなくても諦める必要はありません。コミュニティカレッジの監督やコーチに編入先を紹介してもらったり、自分からコンタクトを取ってプレーを続けられる可能性もあります。

また学業がしっかりしていれば編入にも有利です。中には高いGPAを持っていると学業で奨学金を獲得できる大学もあります。文武両道を求められるアメリカの大学では学業が優秀な点も強い武器となります。

アメリカ大学・男子バスケットボール留学のステップ

男子バスケットボール留学対象校をこちら(競技別・TEAM Sugi紹介校一覧)をご覧ください。

まずは弊社相談フォームよりお問い合わせください。留学相談で希望校をピックアップ!入学の6ヵ月前(遅くても渡米する年の3月)までには弊社までお問い合わせください。

希望校が決まったらお申し込みいただき入部交渉!

入部OKが出たら時期をみて(入学の6ヵ月~3ヵ月前まで)留学手続き開始!

渡米手続きがすべて完了したらいよいよ渡米(学校によっては少し早めに3月or6月頃に渡米可能)です。学生アスリート(Student Athlete)として学業も同時に頑張ります。

無事ロースター入りを果たせたらいよいよシーズンインです。

この先はバスケットボールに学業に目標へ向かって頑張っていきましょう!

アドバイザー紹介

HOMMA, Suguru(TEAM Sugi代表)

ワシントン州の2年制大学とウィスコンシン州の4年制大学で合計4年間野球部に所属。自身の経験などをもとにアメリカ大学アスリート留学のアドバイスを行います。

お申し込み

アメリカ大学・男子バスケットボール留学に興味のある方は、まずは相談フォームよりお問い合わせください。

更新日:

Copyright© アメリカ大学アスリート留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.