Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備④》ショートバウンドの捕り方

投稿日:

【ショートバウンドの取り方】

Sugi流のショートバウンドの取り方は、「グラブで半円を描くように」「前に出す」です。

最後は親指が上になるように取ってください。

ショートバウンドでエラーをしているシーンをみていてもったいないと思うのが、

グラブの受球面をそのまま正面に向けてしまっているために、せっかく取ったのにボールがグラブから出て行ってしまうときです。

親指を上にしてグラブを被せることでボールが出ていくことを防ぐようにしましょう。

また、ショートバウンドはすぐに握り変える必要もないと思っています。

ショートバウンドを取ったら、しっかりとフォースト方向に体重移動をして強い送球をしたほうが、アウトを取れる確率も増えると思うので、焦らずにさばくようにしましょう。

ショートバウンドのおすすめ練習方法はこちら!

《補足情報》グローブは常に動かす

通常のゴロ捕球、そしてショートバウンドの捕球にも共通していえることですが、

「ボールを取るときは、グラブの動きを止めずに常に動かしていた方がいい」

ということです。

ボールを捕球するとき、必ずグラブのポケットで捕れるとは限りませんよね?

ポケットで捕れなかった場合に、グラブを動かしていないと、ボールがグラブからこぼれてしまう経験をした人も多いかと思います。

グラブを動かし続けることで、わりとボールがグラブに収まってくれる場合があるので、

リズムを作る、リラックスするという意味でも、ぜひグラブを動かし続ける守備を意識してみてください。

学生アスリート留学へのFirst Step

-Sugi Baseball Program

Copyright© アメリカ大学アスリート留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.