Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備③》送球方向に体重移動

投稿日:

【送球方向に体重移動】

【アウトを取る】を意識した時、ゴロ捕球で特に1塁でアウトを取る場合、バッターが打ってからボールをとり、ファーストへ投げるまでが1セットです。

うまく取れたとしても、送球がそれてしまったり、弱い送球ではアウトが取れないかもしれません。

まずは、目的です。

特に内野手がファーストへ投げる際に、1塁方向へ体重移動しながら投げることはとても大切です。

理由としては、

  • 強くボールを投げられる。
  • ファーストに向かって安定して投げられる。

などがあげられます。

比較的、〈正面〉または自分より〈左方向〉の打球は、ファースト方向へ体重移動が簡単かと思われます。守備練習の時は大げさにやってもいいので、フォースト方向にたくさんステップする位の気持ちでやってみましょう。

【補足情報ー自分より右方向はバックハンド?】

これについて、全てバックハンドで取る必要はないと思います。特に自分より右方向の打球で、前に出て取れる打球については、積極的に前にでて、そのままランニングスローをしたほうがいい可能性があります。

問題は自分の真横に動く際です。

この場合は、《正面で取っても1塁方向へステップできる場合は正面で取っても良い》と思います。

しかし、強引に正面で取りに行った結果、弱い送球しかできず、さらに肘がロックされてしまっては捕球のリスクも出てくるので、できればバックハンドでとったほうが良いでしょう。

《最後に》

もちろん、1塁方向に体重移動する暇がないくらいの難しい打球もあると思います。その時には、デレクジーターのようなかっこいいジャンピングスローなど、【アウトを取る】ために、ぜひいろんなことをトライしてみてください。

学生アスリート留学へのFirst Step

-Sugi Baseball Program

Copyright© アメリカ大学アスリート留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.