Sugi Baseball Program

Welcome to Sugi's Baseball School

スギーのベースボールスクールへようこそ!

こちらのサイトでは、アメリカの大学でプレーしたスギー(Sugi)が、自身の経験したことを軸に野球の考え方・練習方法などを発信しています。

スギーの考え方(アメリカ風な野球のお話)

Sugi's Idea(スギーの考え方)では、Sugi Baseball Programの代表であるSugiがアメリカの大学野球やこれまでの指導経験をもとに、これから野球を頑張っていきたい選手に皆さんに参考になると思ったものを書いていきたいと思います。

目次

  1. 《アメリカン内野守備①》目線を低く・肘を自由に
  2. 《アメリカン内野守備②》リズムよく・足を細かく動かす
  3. 《アメリカン内野守備③》送球方向に体重移動
  4. 《アメリカン内野守備④》ショートバウンドの捕り方
  5. 《アメリカン内野守備⑤》バックハンドの捕り方
  6. 《アメリカン内野守備⑥》ダブルプレー
  7. 《アメリカン・フライキャッチ》捕球練習
  8. アメリカン・バッティングの極意①《Use your Feet》
  9. アメリカン・バッティングの極意②《Bend(肘を曲げる)》
  10. アメリカン・バッティングの極意③《バント》

考え方をシンプルにする・目的を明確にする

「そんなに焦って速くプレーしようとしないで、まずは1つのアウトを正確にとるようにしよう。」

2010年、まだ高校を卒業して1年も経っていなかった私(Sugi)は、アリゾナで開かれたアリゾナウィンターリーグというアマチュアリーグに参加しました。このリーグはアメリカ独立リーグのトライアウトも兼ねているので、各チームの監督は実際に独立リーグの監督をしている人達で、元メジャーリーガーという方がほとんどでした。

そして私のチームの監督だったのが、Garry Tempreton。なんと、メジャーリーグのオールスターに3回。MLB通算2091安打でシルバースラッガー賞を2回受賞したことも人だったのです。

最初の言葉は私の内野守備練習をみたGarryからかけられたものでした。

高校時代、守備の時は

「前に出ろ!後ろに下がるな!気持ちを前にだせ!」

「動きが遅い!もっと速くしろ!アウト取れないぞ!」

そう教わってきて、さらにそれが正しいと思っていた私にとって、Garryの言葉はあまりピンとくるものではありませんでした。

それでは、Garryは私のプレーを見るたびに、

「No!もっと丁寧に守備をしよう。ダブルプレーでも焦らずにまずはセカンドで正確にアウトを取ることを心がけよう。」

そう繰り返し教えてくれました。

実際に、Garryの言葉は頭の片隅に残りつつも、大学の途中くらいまではあまり丁寧なプレーを意識してやっていなかったかもしれません。

それが月日が流れるにつれて、アメリカで野球を深く考えたり、実際に日本に帰った際に高校生などに野球を教えるうちに徐々に、Gallyが言っていた事がわかるようになってきました。

以前までの私は、気持ち的に

  • エラーをしないように守備をする
  • エラーしても怒られないように、迷ったら前に出て気持ちを見せる
  • 速くかっこよく守備をする

こんな風に野球をしていました。

しかし、一度その考えをリセットして「守備とは何か?守備の目的とは何か?」と考えてみたときにたどり着いた答えは、

【アウトを取る】

ということでした。

エラーをしないでも、怒られないようにでも、かっこよくプレーするでもなく、

一番大切なことはアウトを取ること。

まさにGarry が教えてくれたことなんだと気づいたわけです。

これから書いていく中で、少しでも皆さんのプレーのヒントになるようなことを書いていければいいなと思っています。

Sugi Baseball Program

代表 Sugi

Sugi Baseball Program

アメリカン・バッティングの極意③《バント》

2021/3/26  

アメリカは意外とバントをする! アメリカの大学で教わったバントテクニックとバント練習をご紹介します。 バントテクニック アメリカで教わったバントテクニックはシンプル! バントしたい方向に最初からバット ...

Sugi Baseball Program

アメリカン・バッティングの極意②《Bend(肘を曲げる)》

2021/3/26  

アメリカで野球をしていて、 2008年当時まで日本で野球をしていたのとバッティングの考え方で大きく違うと思ったのが、ボトムハンド(下側の手)の使い方です。 私が通っていた大学では、インパクトの瞬間、ボ ...

Sugi Baseball Program

アメリカン・バッティングの極意①《Use your Feet》

2021/3/26  

アメリカの大学で教わったバッティング理論で、 下半身の使い方についてバシッとはまったのが、 「Use your feet」 です。 簡単に書くと、 《軸足をピッチャー方向に動かす(力を加える)》 です ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン・フライキャッチ》捕球練習

2021/3/26  

フライ捕球練習 ラダーフライキャッチ ラダーを使ってフライ練習をするドリルをご紹介します。 元のアイディアはアメフトのワイルドレシーバーの練習だと思います。 フライの中では、後ろ方向のボールをキャッチ ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備⑥》ダブルプレー

2021/3/26  

内野手のダブルプレー練習 ダブルプレーの二遊間については少しコツがあります。 まずは〈ショート〉。ショートは実はサイドスローというより、アンダースローのように投げたほうが送球が安定して、さらに強い送球 ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備⑤》バックハンドの捕り方

2021/3/26  

バックハンド捕球のコツ バックハンド捕球はなかなか習得するのが難しいですが、練習しないとなかなかいきなり本番ではできないテクニックです。練習では何回失敗してもいいので、ぜひ上手になるまで練習してみてく ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備④》ショートバウンドの捕り方

2021/3/26  

【ショートバウンドの取り方】 Sugi流のショートバウンドの取り方は、「グラブで半円を描くように」「前に出す」です。 最後は親指が上になるように取ってください。 ショートバウンドでエラーをしているシー ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備③》送球方向に体重移動

2021/3/26  

【送球方向に体重移動】 【アウトを取る】を意識した時、ゴロ捕球で特に1塁でアウトを取る場合、バッターが打ってからボールをとり、ファーストへ投げるまでが1セットです。 うまく取れたとしても、送球がそれて ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備②》リズムよく・足を細かく動かす

2021/3/26  

守備で大切な、「リズムよく」「足を細かく動かす」ことについて書いていきます。 【リズムよく】 リズムよく(テンポよく)守備をすることはとても大切です。 打球が転がってくるリズム。ボールを取るまでのリズ ...

Sugi Baseball Program

《アメリカン内野守備①》目線を低く・肘を自由に

2021/3/26  

内野守備において1番大切なことだと思う「目線を低くする」ことについて書いていきます。 【目線を低く】 今まで野球の指導を受ける際に「腰を低く!」を教わった人が多いのではないでしょうか? この「腰を低く ...

Copyright© アメリカ大学アスリート留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.